東京都世田谷区南烏山6-27-10 千歳烏山メディカルセンター4F

TEL:03-5315-5720

千歳烏山の歯科・歯医者ならよだ歯科医院

妊婦さんの歯科治療

千歳烏山駅のよだ歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

院長ブログ スタッフブログ スタッフ募集
HOME»  妊婦さんの歯科治療

妊娠前・中の大切なこと

妊娠前、妊娠中の女性は何をどう考えたらよいか。
何をどうしたらよいか。歯科的な視点から考えていきます。

考えなければいけないこと

  • 1.自分の健康
  • 2.自分の歯の健康
  • 3.赤ちゃんの健康
  • 4.赤ちゃんの歯の健康


1から4は分けることはできません。全てつながっています。
お母さんが健康でなければ生まれてくる赤ちゃんは健康でないリスクが高まるのは分かると思います。
お母さんが健康であるためには、生活習慣が良くないといけません。
特に食生活が大切です。
お母さんの食生活で生まれてくる赤ちゃんの健康状態が決まりますよ。
食べものがとにかく基本となります。

何を食べたら良いのか

  • ・たんぱく質
  • ・鉄分

なるべく動物性のたんぱく質となるべく動物性の鉄分です。
また、完全栄養なたべものはそう多くありません。
いろいろなものを偏りなく食べましょう。

何を食べてはいけないのか

食べてはいけないとは声を大にしてはいえませんが、また、いいはじめるときりがありません。
少なくとも減らそうとする意識は必要ですよ。
まずは

  • ・甘いもの(砂糖)
  • ・清涼飲料水(異性化糖)
  • ・炭水化物(消化分解されると糖質になる)

血糖値を上げ過ぎてしまう食べものは要注意です。
血糖値の上昇がゆっくりになるように工夫すると良いですよ。

食生活の改善は、本当に気をつけていても難しいです。
できることから、少しずつ始めていただければと思います。

食生活がなぜ大切なのか

生まれてくる赤ちゃんの健康状態に食生活は直接かかわってくるわけですが、歯の健康状態にも大きくかかわってきます。
歯を考える時は、顎の成長を考えなくてはいけません。
顎の成長を考える時には、顔の成長を考えなくてはいけません。
生まれてきた赤ちゃんが食べられるものは、多くありませんよね。
お母さんのおなかの中にいた時に蓄えられた栄養が、大切なのですよ。

妊婦さんの歯科治療

妊娠・出産を機に、ご自身の心と体が以前とは変化していることを、日々感じておられるのではないでしょうか。
と同時に、不安な思いもあると思います。
当院では、妊娠中の方・授乳中の方でも安心して治療を受けていただけるよう、万全の診療体制を整えております。
また、生まれてくる赤ちゃんのためのケアも合わせておこなっています。マイナス1歳からのむし歯予防、一緒に始めましょう。

1.妊娠中の歯科受診について

「お口の中にむし歯ができた」 「歯ぐきが腫れている感じがする」
いつもなら迷わず歯科を受診するのに、「いま治療を受けると、赤ちゃんに悪い影響があるんじゃないか」といった不安を抱いていませんか?
当院では、お母様とおなかの赤ちゃんに配慮しながら治療を進めてまいります。
歯のクリーニングや小さなむし歯の治療については、いつでも可能です。
また、深いむし歯の治療や抜歯など、麻酔が必要な場合は、安定期(妊娠5~7か月)に行うのがいいとされています。
いずれにしても、お口の中でなにかご心配な事があれば、ぜひ一度ご来院ください。

2.妊娠すると、むし歯が増える?

妊娠中は、生活習慣や体質が変化します。
たとえば、こんなことはありませんか?

□ つわりで気持ちが悪く、歯磨きできない
□ 間食の回数が増える
□ 唾液の性質が変化して、口の中がネバネバする

このような変化が起きると、お口の中が清潔に保たれなくなり、むし歯ができやすい環境になったりします。
そのため、「妊娠すると、むし歯が増える」傾向があるといえます。
 

3.妊娠・出産と歯周病との関係

妊娠すると、「女性ホルモン」が増えます。そして驚くことに、この女性ホルモンをえさにする歯周病菌がいるのです。そのため、妊娠2か月ごろから、歯周病が進行する傾向があります。こうして起こるのが、「妊娠性歯肉炎・歯周炎」です。
この歯周病菌は、血流にのって全身を回り、いろいろな悪さをします。糖尿病や心疾患ほか、早産や低体重児出産とも関係しているとされています。
さらに、お口の中の環境が変わるため、親知らずのまわりの歯茎が腫れたり、口臭が強くなったり、口内炎ができたりします。

4.歯って、いつ作られるの?

赤ちゃんの歯は、一体いつ作られるのでしょうか。
実は、歯は、お母さんのおなかの中にいる時にすでに作られているのです。
最初にできる歯の芽は、「歯胚」(しはい)と、呼ばれています。
まず、乳歯の歯胚は、妊娠7週目から出来始め、妊娠4か月頃から石灰化が始まります。
次に、永久歯の歯胚は、妊娠4~5か月から作られ、1歳頃から石灰化が始まります。

5.赤ちゃんが生まれたら

赤ちゃんのご誕生、おめでとうございます。
さて、赤ちゃんの歯が生えるのはいつか、ご存じですか?
最初の歯が生えるのは、生後8か月ごろとされており、一般的には、下の前歯から生えていきます。
歯がない時期は、むし歯菌であるミュータンス菌はお口の中に住みつくことができません。でも、歯が生えると、ミュータンス菌は早速住みつき始めます。
歯が生えたら、歯磨きをしてあげましょう。
お子さんの歯を守るのは、周りの大人、特にお母さんです。
厳しめな言い方をすると、 お母さんしかいません。
大切なのは、知識や技術もありますが、愛情や病気にならないように意識することです。
そして、1歳のお誕生日前後に、一度、歯科検診を受けることをおすすめします。

小児歯科のご案内

PAGE TOP