東京都世田谷区南烏山6-27-10 千歳烏山メディカルセンター4F

TEL:03-5315-5720

千歳烏山の歯科・歯医者ならよだ歯科医院

咬み合わせ

千歳烏山駅のよだ歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

院長ブログ スタッフブログ スタッフ募集
HOME»  咬み合わせ

咬み合わせ

診査の結果、虫歯でない場合、歯周病でない場合、咬む力(はぎしり、くいしばり)により歯の症状(かむと痛い、しみる、揺れる)や場合により顎の症状(口が開かない、顎が痛い、音が鳴る)が起こっていることが多くあります。

歯科治療は大きく分けて2つのことを同時に考えながら進めていきます。
1つめは、虫歯や歯周病の原因となる細菌感染による炎症を抑えること。
2つめは、咬む力(はぎしり、くいしばり)による歯へのダメージを最小限にし、上下左右の咬み合わせのバランスをととのえます。

この2つを同時に、それぞれの患者様の希望にあわせて、5年後、10年後、を見越した対処をすることが重要です。

したがって、つめもの、かぶせもの、歯石の除去、義歯の作製、インプラント治療、セラミックスの審美治療、フッ素塗布での虫歯予防・管理、お子さんの矯正治療など、すべて一般治療ということもできます。

1.咬み合わせが「良い」とは

ぱっと見たときの歯並びが、きれいであるということではなく、 大切なポイントがあります。

①上下顎のバランス

上下の歯の重なり具合、深さ、のこと

②前後のバランス

上下の歯や顎の前後関係で
・上が前にでている
・下が前に出ている
・上が後退している
・下が後退している
があります。

③左右のバランス

上顎に対して下顎が、左右に偏っていること。
(上顎にゆがみがあることもあります)

①②③のバランスが良いと言うことは、顎顔面骨格と歯並びがマッチしているので、一本一本の歯に対する力のかかり方も良いわけです。
また、みなさん一人ひとり、顔かたちが違いますので、個性と言うものも汲み取って考えておいた方が良いでしょう。
例えば、面長な顔の方と、角ばった顔の方では歯並び、咬み合わせが良くても、形は全く違ってきますが骨格と歯並びがナチュラルにマッチしていれば良いのです。
とは言うものの、理想的な咬み合わせの方はあまりおりません。
みなさん何かしら、少なからず問題があります。
特に歯科医院に受診される方、受診する必要のある方は、必ずと言ってよいほど問題を持っています。歯科医院に受診する必要のない方や、困っていない方は、咬み合わせが良い方、の可能性が高いと言えます。

2.咬み合わせが「悪い」とは

咬み合い具合で、上記①、②、③の上下、前後、左右のバランスにずれのある方は「良い」とはいえません。

・反対咬合
・過蓋咬合
・切端咬合
・上顎前突
・開口
・鋏状咬合
など。
また、歯一本一本にも注意してみると、極端にすり減って真っ平らになった、溝のない歯の方は、はぎしり、くいしばりの癖のでやすい咬み合わせで、「良い」とはいえないでしょう。

3.治療は必要か

歯科医院にかかられる方のなかで、理想的な咬み合わせ、正常咬合、良い咬み合わせの方はほとんどいません。
異常か異常でないか、問題ありか問題なしかでいったときに、異常で問題ありであったとしても、治療の必要性については、人それぞれです。ご相談いただければと思います。
治療が可能かどうか、症状の有無、日常生活の支障度合い、治療のメリット、デメリット、治療の予後について、考える必要があります。

4.咬み合わせ異常による問題とは

①歯への障害

歯の磨耗、破折、知覚過敏、咬合痛、虫歯、歯周病

②顎関節への障害(顎関節症

顎関節痛、開口障害、クリック音

③全身への障害

顔面痛、頭痛、首こり、肩こり、腰痛、ほか

④その他

舌症状、むち打ち症状、倦怠感、など

5.咬み合わせ異常の原因とは

①生活習慣

ストレスコントロールができないと、はぎしり、くいしばりに直結します。
睡眠不足は自律神経に支障をきたし、はぎしり、くいしばりにつながります。
姿勢(睡眠姿勢、座り方、立ち方、歩き方など)バランスの悪い姿勢は、咬み合わせの異常につながります。

②食習慣

たんぱく質、鉄、ビタミン、食物繊維、脂質は不足していませんか。
栄養不足イコールエネルギー不足イコール脳血流不足イコール、はぎしり、くいしばりになりますよ。
糖質を取りすぎていませんか。
血糖値の頻繁な上げ下げを起こし続けると、中枢神経からのはぎしり、くいしばりにつながりますよ。
その結果、歯に問題が起りますよ。

③舌癖や口唇癖

歯並び、咬み合わせは、一日2日でなったものではないし、変わるものではありません。
歯は、舌や口唇、頬といった筋肉(軟組織)の圧力(癖)で動きます。
歯だけでなく、顎の骨にも影響しますよ。 

④口呼吸

口呼吸は舌癖、口唇癖とセットで考えなければいけません。
口からと鼻からでは呼吸の質は全く違います。
呼吸の質は歯並び、咬み合わせの問題にとどまらず、健康に関してさまざまな問題を慢性的に引き起こします。 十分に理解しておかなければなりませんよ。

⑤不良補綴物

適合の悪い詰め物、かぶせものや、形態の悪いものは、
摂食効率が悪く、食べものを咬み切れなくなり(咬み切りにくくなり)、はぎしり、くいしばりにつながります。

6.治療方法について

1.歯一本一本に問題があれば、通常の一般歯科治療を行います。
2.歯周病であれば、まず、通常の歯周基本治療を行います。
3.歯並び、咬み合わせに問題があれば、矯正歯科治療も検討が必要です。
4.顎関節に問題があれば顎関節症の治療が必要となるかもしれません。
しかし、原因を考えて治療を行わなければ、必ず再発します。
したがって
5.生活習慣、食習慣、態癖、を見直す生活指導も必要になってしまいます。

7.自分でできることについて

まず大切なことは
気付くこと、理解すること、
そして
できることから日々意識して実践することです。
あせって、急いで、一気に、改善していただいても良いのですが、
なかなか難しいことが多くて大変なので、少しづつでお願いします。
・食事
・睡眠
・呼吸
・姿勢
・運動
・ストレスマネジメント
歯と関係ないのでは、と思うかもしれませんが、大いに関係あります。
今までの生活習慣を変えることになりますので、本当に大変です。
価値観や生き方の問題であり、心の問題でもあります。そこに本質があります。

PAGE TOP